Long

ロング
アイシャンプーロング

アイシャンプーロング

60ml / 1,980(税込)
200ml / 4,950(税込)

容量と数量を選択してください

容量

200ml 定期 / 4,207円 (税込)

通常価格より15%off & 送料無料

定期購入の詳細はこちら

目もとを清潔に保ち、
さらに『まつ育』をしたい方に

まつ毛補修美容成分配合の目もと専用シャンプー。
マスカラ・まつ毛エクステ・まつ毛パーマなどで
傷みがちなまつ毛をトリートメント。

こんな方におすすめ

  • ドライアイやものもらいなどの眼病予防をしたい方
  • 花粉症などの目のかゆみや不快感がある方
  • まつ毛に棲み付くまつ毛ダニ対策をされたい方
  • まつ毛が傷んでいる、美しくしたい方

長く美しい健やかなまつ毛で過ごしたい方を応援します。
保湿成分を多く配合しているため、
乾燥肌の方やご高齢の方にもおすすめです。

How to use

使い方
  • Step1

    Step1

    メイクを落とし、通常の洗顔後、アイシャンプーを適量手に取ります。

  • Step2

    Step2

    アイシャンプーを目もとに伸ばし、まつ毛の根もとの汚れを落とすようにやさしくマッサージします。

  • Step3

    Step3

    水またはぬるま湯で洗い流します。

※ご使用の目安は60mlボトルで5~6プッシュ、95mlボトル・200mlボトルで2プッシュです。

Ingredient

配合成分
成分

※1 保湿成分
水、BG、イソステアリン酸PEG-25グリセリル、塩化Na、キサンタンガム、アルギニン、フェノキシエタノール、グリチルリチン酸2K、クエン酸、ポリアクリル酸Na、フィチン酸、グリシン、タウリン、酸化銀、ラウロイルラクチレートNa、リシンHCI、セリシン、グルタミン酸、ロイシン、ヒスチジンHCI、バリン、セリン、トレオニン、アスパラギン酸Na、イソロイシン、アラニン、アラントイン、フェニルアラニン、セラミドNP、プロリン、コレステロール、セラミドAP、チロシン、フィトスフィンゴシン、クジェルマニエラギラタエキス、カルボマー、オタネニンジン根エキス、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、セラミドEOP、コレカルシフェロール、コーン油

FAQ

よくあるご質問
Q.

アイシャンプーとは何ですか?

A.

株式会社MediProductが“まつ毛を洗う新習慣”をコンセプトに開発した、目もと専用のシャンプーです。
アイシャンプーは眼科ドクター指導のもと“涙の科学”に基づき、目にしみない処方を実現した「ドクターズコスメ」です。pH値と浸透圧を涙と同等に設計しているため、目に入ってもしみにくく、目もとをしっかり洗うこ とができます。

Q.

アイシャンプーをした方が良いのですか?

A.

まつ毛や目もとは、目やに・皮脂・ホコリ・花粉・メイク残りなどの汚れが溜まりやすく、石鹸や洗顔料は目の中に入ると刺激が強いため洗いにくい場所です。汚れをそのままにしていると、ドライアイやものもらいなどの眼病のリスクや、まつ毛が生えにくくなるリスクがあるため、アイシャンプーを使用した眼瞼洗浄が大切です。

Q.

アイシャンプーは目にしみることはありませんか?

A.

涙と同等の浸透圧、涙と同等のph(弱アルカリ性)で処方設計し、刺激の低い洗浄成分を配合することで、目にしみにくくなっています。

Q.

1回の使用量を教えてください。

A.

ボトルサイズによってプッシュの数が異なります。
60mlボトルの場合は5~6プッシュ、95ml・200mlボトルの場合は2プッシュに使用を推奨しております。
使用量が少ないと、摩擦が大きくなり目もとへの負担が増えます。目もとの健康のためにも、たっぷりとご使用ください。

Q.

ボトル1本でどれくらい使用できますか?

A.

ボトルサイズによって異なります。
1日朝晩2回使用の場合、60mlボトルは1ヶ月程度、95mlは1.5ヶ月程度、200mlボトルは2~3ヶ月程度使用いただけます。

Q.

まつ毛エクステ・まつ毛パーマをしていても使用できますか?

A.

ご使用いただけます。
まつエクの接着剤はオイル成分で取れますが、アイシャンプーはノンオイル処方のため、接着剤が取れる心配はありません。
しかし、洗浄時にゴシゴシ洗うと摩擦で取れる可能性があるので、ご使用時は優しく洗浄してください。

Q.

目もとが腫れている時でも使用できますか?

A.

目もとが赤く腫れている時は使用を避けていただき、眼科ドクターへご相談ください。
アイシャンプーの使用を続けていただくことで、腫れの原因となる雑菌などの繁殖を避けることができ、繰り返す腫れが出来にくくなると眼科ドクターの報告もあります。

TOPへ

PageTopへ